カテゴリー
beauty 魔女道

マツゲから見る自分史(大袈裟w)

もう何年もお世話になっている
アイリストのYOKOちゃんのところへ
マツエクのお直しに行ってきたんだけど

既存のマツエクを落とした直後の活力みなぎる
自睫毛を見たら、これまでの睫毛ヒストリーを
振り返ってみたくなった、笑。

そう、今日はそんな感じで誰得な内容。

メイクとは無縁な中学生時代
◎自(地)睫毛
ウォーターinリップを持っていれば
可愛くなれると思っていた年代。
唯一持っていたそれらしいコスメと言えば
合成香料っぽさ満載のフルーツの香り付き
ロールオン式リップグロス。

produced by百円ショップ

調子に乗って付けすぎると、気付かないうちに
唇からダラダラと液ダレしがちな、あれ。
、、、分かる人、いるかなぁ。

我が家はバイトNG!お小遣いでやりくり『高校前半』
◎ビューラー
本当は資生堂のが欲しかったけど、
節約して百円ショップで調達。
ホットビューラーはまだメジャーじゃなかったから
ライターで炙ってキープ力とカーブ力UPが鉄則だった。

そして、グイッと上がった睫毛にガッツリと、、、
◎マスカラ、、、勿論プチプラ。
とにかく上げて盛れば小さな目も大きく見えると
思い込み、百円ショップで繊維ガシガシの
マスカラ下地を調達していたな。

hotpepper出現!美容が手頃になり始めた『高校後半』
ギャルを目指している訳ではないと我に返り
脱・火炙りビューラー。脱・繊維。
清潔感あるぱっちり睫毛が理想。
◎マツパ
◎マスカラ(繊維なし)

日本を飛び出し(今思えば)迷走気味なMy Styleが開花。
とにかく目指すは人工的なルックス!
ウィッグで授業参加は当たり前な『大学時代前期』

◎付け睫毛
しかも、Drag Queen並みの長さ、ハイパーボリュームONLY!
DAISOなどでもハイクオリティな付けまつ毛を発売し出し、
帰国の度に大量に買い込んでいた時代。

下睫毛にも付いてて、毛虫のよう、、、。
ただ下睫毛の付けまつ毛は、痒いし笑うと瞬殺で取れちゃうんだよね。
こんなケバイ顔して、おっきな花も頭に付けて
普通に授業に行っていた、、、

カラコンに、ウィッグに、付け爪に、、、
自分はどこまで作り物になっていくんだと不安になり
若干ナチュラル志向に立ち戻る『大学時代後期』

◎マツエク
今思えば、アメリカでも技術力の高い現地の
アイリストさんと出逢えたのは奇跡。

ヒッピーみたいな生き方に憧れた
バックパッカーから始まるタイ王国暮らし時代

◎自(地)睫毛
アイラインと眉毛だけは書いていたけど、
あとはあくまでもズボラスタイル。

睫毛系のケアにもメイクにも無縁な10ケ月。

日本に帰国。付け睫毛リターンズな20代半ば
◎付け睫毛
さらに言うとカラコン。しかも色だけなやつではなく、
黒目もおっきく見えるやつ。
この頃は「お金が欲しい!!」と
夜の仕事を始めたこともあり、
とりあえず『夜っぽい顔』を目指していた。

睫毛ストレスに疲弊気味、、、
付け睫毛にグッバイな20代後半〜NOW

笑い過ぎると端っこが剥がれたりとか、
気付いたら片方が剥がれてたりとか、
とにかく付け睫毛は油断も隙も無い!
ってことでストレスフリーを目指し
◎マツエク
そしてマツエクサロン難民だったわたしも
今やアイリスとYOKOちゃんのお世話になって4年ほど。

今年の2月から秘密兵器も投入し自睫毛の調子が
自分史上最高!!
以前より本数を多く付けられるようになって、
ご機嫌なマツエクLIFEを送っている感じ。

そうだ思い返せば、この投稿の原点はそこだったわ。

たかが睫毛、されど睫毛。

こうやって振り返ってみると
色々と当時のこととか思い出されてくるなぁ。

という訳で、誰得?なエントリーを最後までお読みいただき、
ありがとうございました❤️

、、、因みに、わたしが現在愛用している睫毛の救世主、
初めて自睫毛力アップを体感した秘密兵器はコチラ。

使用感や注意点など、色々と個人的にあるので
また改めてレビュー記事も書きます♫

ラッシュアディクトアイラッシュコンディショニングセラム 5ml まつ毛 美容液

価格:8,230円
(2020/8/22 22:25時点)



カテゴリー
beauty

その先にいる「人」

思い返せばかれこれ3年以上、
春夏秋冬、季節を問わずに愛用している
日焼け止めサプリのホワイトヴェール。


台湾の容器屋さんで買ったこのケースに入れ替えて
すぐに目につくところに置くのが、飲み忘れ防止の秘訣。

わたしの場合、美白肌は目指していなくって、
シミ無し、ムラ無し、艶あり、、、な
綺麗なバカンス肌が目指すところ。

日焼け止めを塗るのも、いちいち塗り直すのも
落とす時の手間も、落ちてるのかしら?と
いう気持ち悪さも嫌い過ぎて、、、。

『飲む日焼け止め』ってワードに衝撃を受け、速攻でオーダー。
そこから、わたしはずっと浮気せずにホワイトヴェール。

今では、色んなメーカーから様々な
『飲む日焼け止め』が発売されているようだけどね、
なんて一途なんだわたし。

でも今日は別にホワイトヴェールを
伝えようと思った訳ではなく、オーダーが届いた時の
感動を記して置こうと思って書いているんだった、、、。

お得意の脱線。アブナイ、アブナイ。

本題に入ると、、、
2ヶ月ごとの配送で3袋を定期購買していて、
それが本日到着。

で、「3袋ってこんなに重量あったっけ?」と思いながら
開封してみると、、、

「夏の感謝の贈り物」というタイトルの手紙と共に、
ホワイトヴェールが出しているフェイスウォッシュが、、、。

手紙の内容をサクッと要約するとこんな感じ。

『九州の集中豪雨の際に、多くの人から
会社の安否を気遣う声が届きました。
その心遣いへの感謝と、ホワイトヴェールを製造して
くれている工場への応援の気持ちを込めて、
ホワイトウォッシュをプレゼントすることにしました。』

なんですって。なんて素敵な会社なの?!
そして御免なさい、わたし会社の所在地なんて
考えたことも無かったし、九州だと知ったところで
そこで思考はストップしていたと思う。
それなのに、わたしにまでプレゼントを、、、涙。

ホワイトヴェール自体、パッケージだったり
毎回同封のニュースレターだったりに「お洒落感」を
出してくるんだけど、このお手紙はというと
手書きの文字の雰囲気もなんだか素朴だし、
内容も人情味溢れるしで、さらに感動。

ネットショッピングに慣れ過ぎてしまって、
しかも定期購買だと尚更
購入した物品の向こう側にいる
『人』を感じることを忘れていたなぁ。

自分の元に既にあるモノ、やってくるモノ、
それらモノ・ゴトの向こう側、
経緯まで想像して、感謝を感じられる自分になりたいなぁと
ホワイトヴェールを通して思いました。

今日は、それを記して起きたかったのです。

「ホワイトヴェール愛用し続けます」って気持ちがさらに強くなってしまった❤️

でもさ、良い企業の作るものはやっぱり良いんだと思う。
ホワイト洗顔、楽しく使わせていただきます♫

Thank you so much!!!

カテゴリー
お月様

満月

Full moon
今日は満月だから、氏神様にお参りに行こう。

新月参り、満月参りをするようになって
それまで『なんだな寂(さび)れてるなぁ』としか
思わなかった地元の神社が
『良いパワー(気)』を感じられる場所となりました。

その理由の1つ目は、
わたし自身の氏神様に対する意識が変わったこと。

具体的には、わたし達を常に見守っていてくれてアリガトウ、
という気持ちを持てるようになったこと。

そして2つ目は、氏神様への意識が変わり、
その神社に興味が湧いたことで手に取った
「社報」を通して知ったことなのだけど、、、

氏神様参りを習慣にし始めたほぼ同じタイミングで、
先代の宮司さんが引退し、代替わりしていたこと。

(それを知った時は『道理で!!!!』と妙に納得。)

先代の宮司さんも、今の宮司さんも
個人的に面識はないけれど、
明らかに境内を満たすエネルギーが違うんだよね。

代替わり(循環)と意識のパワーは本当に大切。
ってことで、今日は満月。

氏神様参りに感謝を伝えに行こう。