カテゴリー
Uncategorized

本との出会い


自分の家は自分で作ってしまっていた、今は亡き祖父の愛用参考書。

そして父の幼少期からの愛読書。

ページを開けば、何が書かれてるか言い当ててしまう程読み込んでいるのだけど、

今でもとても綺麗な状態から、大事に大事に読んでいたんだろうなぁと思う。

父は最終的には建築の道には進まなかったけれど、後に建築を目指すきっかけとなったは、この本がきっかけだったらしい。

本との出会いって、不思議。 
そして大切にしたい。

そんなことを思った、両親との晩酌でした。